鳥わたるこきこきこきと缶切れば      秋元不死男


 《  とりわたるこきこきこきとかんきれば  》



 季題は〈鳥わたる〉で秋。鳥が渡って来たことと、缶詰を切る作者の行為とは何の脈絡もないのだが、たまたま缶詰を開ける音をたてている時に、渡り鳥に気づいたという取り合わせは、どこか俳句的だ。それは句の中心をなしている「こきこきこき」という印象的な音のせいだろうかーーーー。

 この擬音語の故に、この句は不思議な朗誦性をもつ。缶切りで缶詰を開ける時、私は必ずこの句を思い出す。窓の外の空の広がりを思う。やはり乾いた秋空がふさわしい。

 同じように擬音語や擬態語の生かされている作品として、
  〈 ライターの火のポポポポと滝涸るる 〉
  〈 へろへろとワンタンすするクリスマス 〉
  〈 鳶の下冬りんりんと旅の尿 〉
  〈 退る金魚さらさらと置く首飾 〉

などがある。計算以前の感覚的な冴えを見る思いがする。   ( 和子 )



 正岡子規の句に、
  〈 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 〉
という作がある。これは、柿を食っていると、折から法隆寺の鐘が鳴るのが聞こえたという意味であり、柿を食ったから鐘が鳴ったというのではない。

 この不死男の句にも同様なことがいえる。俳句特有の表現である。

 戦後の食糧難の時代であるから、缶詰は貴重なものであったに相違ない。その缶詰を切る時の心の踊るようなよろこびが、「こきこきこき」という擬音にみごとに形容されている。その楽しい一時、ふと作者の視野に映ったのが、連なって飛んでゆく渡り鳥であった。    ( 克巳 )


 昭和21年作。句集『瘤』所収。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by chi-in | 2014-10-17 20:35 | 秋の句
<< 小夜時雨上野を虚子の来つゝあら... さみだれのあまだればかり浮御堂... >>