とどまればあたりにふゆる蜻蛉かな   中村汀女



  《 とどまればあたりにふゆるとんぼかな 》



 季題は〈蜻蛉〉で秋。夫の横浜税関への転勤にともない、大阪から住居を横浜に移した頃の作品である。

 この句は、t音が基調になったやわらかいしらべの句である。その内容と相俟って、いかにも女性らしいふくよかな感性を思わせる。風に吹かれながら突堤のようなところを散策している作者を想像してみよう。ふと気がついてみると、風にのっていつの間にか蜻蛉があたりに数を増している。その数は、軽い驚きを感ずるほどの多さなのである。しばらく蜻蛉の流れの中に身を置いて佇んでいると、自分の心も秋風の中に解き放たれてゆくように感ずるのである。    ( 克巳 )



 たとえば夕方、子供を呼びに出て、原っぱにふと佇んだ時、ああもう蜻蛉がこんなにたくさん飛ぶ季節になったのだ、と気づく。またたとえば久しぶりに吟行に出かけて、いつもと違う歩調で歩き、句帳をひらいて歩をとめる。そんな時、あたりにしきりに飛び交う蜻蛉の数に今更ながら季節の移り変わりを実感する。

 「とどまれば」は歩をとめると、の意ではあるが、同時に日常生活とは異なる視点をも意味している。何か用事や目的を持ってさっさと歩いている時には目に入らない、気がつかないものが、ふと心の余裕を得てとどまってみると、目に飛びこんでくる。心が和み、視野が広がって、風に乗る蜻蛉にしばし心をあそばせる。

 誰もが体験している日常生活の中にふっと訪れる詩ごころを、そのまま詠いあげている、いわば普段着の詩。   ( 和子 )



 昭和7年作。『汀女句集』所収。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
[PR]
by chi-in | 2016-09-14 19:56 | 秋の句
言ひつのる唇美しや春寒く   ... >>